Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、11月度のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、日本国内における、2004年11月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートは、2004年11月1日から同30日までに、日本のトレンドマイクロのサポートセンターに寄せられたウイルス被害件数をもとにランク付けを行ったもの。

今月のウイルス感染被害の総報告数は3723件と、10月の4255件からさらに減少している。これまで上位を占めていたトロイの木馬に代わって、1位がWORM_NETSKY、2位がWORM_BAGLEと、およそ半年ぶりにワーム型が上位を独占した。しかし両ワームによる被害は、発生初期における小規模なものにとどまった。

今回新しく10位にランクインしたEXPLOIT-MS04-032は、ウイルスではなく、脆弱性を持つコンピューターにエラーを起こさせるための攻撃コードで、Windows XPにのみ有効のもの。そのため同社では、Windowsアップデートによるセキュリティホール対策は必須だとしている。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
クイズ応募者情報を誤表示、負荷分散サービスの設定ミスで - 岡山放送
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
自動返信メールで設定ミス、問合メールが全登録者に - トヨクモ
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を