Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、11月度のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、日本国内における、2004年11月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートは、2004年11月1日から同30日までに、日本のトレンドマイクロのサポートセンターに寄せられたウイルス被害件数をもとにランク付けを行ったもの。

今月のウイルス感染被害の総報告数は3723件と、10月の4255件からさらに減少している。これまで上位を占めていたトロイの木馬に代わって、1位がWORM_NETSKY、2位がWORM_BAGLEと、およそ半年ぶりにワーム型が上位を独占した。しかし両ワームによる被害は、発生初期における小規模なものにとどまった。

今回新しく10位にランクインしたEXPLOIT-MS04-032は、ウイルスではなく、脆弱性を持つコンピューターにエラーを起こさせるための攻撃コードで、Windows XPにのみ有効のもの。そのため同社では、Windowsアップデートによるセキュリティホール対策は必須だとしている。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アート展の受賞決定を知らせるメールで誤送信 - 江戸川区
キャプティブポータルを提供する「OpenNDS」に複数の深刻な脆弱性
新機能を盛り込んだ「OpenSSL 3.2.0」がリリース
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
水道局の制御機器を狙うサイバー攻撃が発生 - 米当局が注意喚起
声優プロダクションがなりすましアカウントに注意喚起
バックアップソフト「Arcserve UDP」に脆弱性 - アップデートがリリース
日本語教室参加者宛のアンケート依頼メールを「CC」送信 - 大阪国際交流センター
学生情報や研究データ含むUSBメモリを紛失 - 日本赤十字豊田看護大
「メッシュWi-Fi」の顧客情報が流出、ログサーバ侵害で - J:COM