Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールに電子署名を自動付加するサーバ - フィッシング詐欺防止に効果

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、社内のメールゲートウェイ付近に設置するだけで、電子署名付きのメール送信を可能にする「HDE Signed Mail Gateway 1.0」を、2005年1月11日より発売する。

同製品は、企業が送信するすべてのメールに個別の電子署名を自動付加することで、第三者によるなりすましやフィッシング詐欺を予防するもの。SMTPリレーサーバ形式を採用、企業内ネットワークの設定を変更することなく、メールゲートウェイ付近に設置するだけで利用できる。

S/MIME認証方式を利用しているため、同ソフトから送信されたメールを受信する企業に特別なサーバやソフトウェアは必要ない。また、携帯電話やウェブメールなど、電子署名に対応していないメールアドレスには電子署名を付加しないといった柔軟な設定が可能。

価格は、1サーバあたり210万円から。

(Security NEXT - 2004/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正