Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本で個人情報流出 - アンケート結果7000件が閲覧可能に

NTT西日本のホームページ上で、同社が行ったアンケートの結果が誰でも閲覧できる状態であったことが明らかになった。

閲覧可能となっていたのは、同社大阪支店とブロードバンドの回線契約を結び、アンケートに答えた顧客の情報。氏名や、住所、電話番号、メールアドレスなど約7000件の個人情報が含まれていた。パスワードの設定などもされておらず、約3カ月間は誰でも閲覧できる状況だったという。

(Security NEXT - 2004/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市