Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、情報漏洩の兆候を通知するセキュリティサービスを提供

富士通は、企業を対象に、個人データの安全管理措置をトータルに支援する「個人情報保護対策サービス」の提供を開始した。

同サービスは、「簡易評価診断サービス」、「導入支援サービス」および「運用サービス」から構成されている。中でも「運用サービス」では、顧客システム内における情報漏洩の兆候を遠隔監視し、不審な挙動の発生を管理者に通知するサービスが含提供される。これにより同社では、漏洩事故の発生を最小限に止めることが可能だとしている。

また「導入支援サービス」では、同社のセキュリティ技術をベースに、生体認証、暗号化ツール、データコピー防止ツール、入退室管理などを用いた個人情報保護対策システムの構築を短期間で行う。

無償で提供される「簡易評価診断サービス」以外の価格は、個別見積もりとなっている。なお、「運用サービス」の提供は2005年2月から。

(Security NEXT - 2004/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出