Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本エフ・セキュア、モバイル環境対応のセキュリティソリューション

日本エフ・セキュアは、集中管理機能やモバイル環境への対応を提供する統合型セキュリティソリューション「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ 日本語版Ver5.70」を、12月1日より発売する。

同ソリューションは、Windows端末でウィルス対策、パーソナルファイアウォール、侵入検知、アプリケーション制御などを統合し、集中管理機能を提供するもの。

モバイル環境での使用を想定し、ウイルス定義ファイルの更新元を自動的に引き継ぐ機能や、接続場所により端末のセキュリティレベルを自動的に切り替える機能なども備えている。

無償提供される「F-Secureポリシーマネージャ 日本語版Ver5.70」により、一元的なインストール、設定および監視などの集中管理が可能。また、端末設定をロックして、エンドユーザーによるセキュリティ設定の変更を禁止することもできる。

価格は、100ユーザーで38万円、500ユーザーで110万円。

(Security NEXT - 2004/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者