Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、約2万人分の顧客情報含むPCが盗難

積水ハウスは、1万9439件分の顧客情報が保存されたパソコン2台が盗難に遭ったことを明らかにした。

盗難が発生したのは、大阪府豊中市にある同社の分譲マンション販売センターで、パソコン3台とその周辺機器が被害に遭った。その内の2台に、同販売センターの来場者や、インターネットでマンションの販売資料を請求した見込み客の住所、氏名、電話番号などの個人情報1万9439件が保管されていた。

同社では、被害に遭ったパソコンにはパスワードを設定していた。現時点での情報の不正利用は確認されていないという。

同社では、パソコンのセキュリティ対策を強化するとともに、販売センターなど仮設の施設自体の防犯性を高める対策も強化し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正