Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、PCの問題を解決する「自己診断ツール」の無償提供を開始

日本電気とNECパーソナルプロダクツは、パソコンのセキュリティおよびシステムの設定に関連する問題を自動診断し、解決方法を提示する「自己診断ツール」の無償提供を開始した。

同ツールは、専用のサイトから診断に必要なプログラムをダウンロードして利用する。「ウィルス対策ソフトがインストールされているか」「IEのバージョンは最新か」「メモリは不足していないか」など、セキュリティやインターネット、システムなどに関する約40項目の設定を自動診断する。

診断の結果、変更が必要な項目がある場合は、ユーザーに代わって自動的に設定を変更するプログラムを実行するほか、解決策を提示したFAQを表示して、最適な設定を速やかに行うことが可能。

同ツールは、NEC製パーソナル商品のサポート専用ウェブ「121サポータる」において、無償で提供される。

(Security NEXT - 2004/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
Adobe、9製品にアップデート - 3製品に「クリティカル」の脆弱性
「FortiOS」に3件の脆弱性 - アップデートにて修正