Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースの不正アクセス防止を目指し、オラクルとラックが協業

日本オラクルとラックは、データベースへの不正アクセスの防止を目指し、協業した。両社は、不正アクセスを行った犯人の特定を可能にする技術、「データベース・フォレンジック」を発表した。

日本オラクルでは、データベースに格納された情報への侵害に対するセキュリティ監視に特化し、ラックの所有するセキュリティ技術と併せて、「データベース・フォレンジック」を確立し、データベースへの詳細なログ、ネットワーク上のログ、サーバOS上のログを記録、分析、監視する技術を発展させる。

両社は、不正アクセス元を追跡する技術、「コンピュータ・フォレンジック」を民間レベルでの研究、利用促進、社会的な枠組みの整備を目指す。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委