Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク盗聴ソフトを監視する「PromiScan」

セキュリティフライデーは、ネットワークの盗聴監視システム「PromiScan モニターパッケージ」を9月27日より販売開始する。

同製品は、ネットワーク盗聴検出技術を利用したネットワーク盗聴監視システム。社内の各ネットワークセグメントごとにPromiScan Ver3.0Jを設置し、ローカルネットワーク上のPCを監視、盗聴プログラムの起動や停止などをアラームにて出力する。

販売は、ダウンロード販売およびライセンス販売が予定されている。価格は80万円から。

(Security NEXT - 2004/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジャックス装うフィッシング攻撃が発生 - 利用確認促す手口
不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス