Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月のインターネット治安情勢を公開 - 警察庁

警察庁は、8月のインターネット治安情勢を公開した。

8月のログ件数は、約82万2000件で7月と比較すると約1割増加した。135番ポート、445番ポートへの攻撃が目立っており、いずれも国内、中国からによるものだった。また、ワーム「Dabber.B」の発生により、23時以降における9898ポートへの攻撃が増加している。

侵入検知システムによるアラートは、2万2500件で、7月より1割減少した。アジアからの攻撃が縮小傾向にある一方、米国からの攻撃が増加しているという。

(Security NEXT - 2004/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト