Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井不動産販売、顧客のメールアドレスを漏洩

三井不動産販売は9月3日、顧客161名へ案内メールを送信する際、操作ミスによりメールアドレスを漏洩したと発表した。

同社は神奈川県下で販売代理店を務めており、今回のアドレス漏洩事故は、新築マンションに関する案内をメールで送信する際に発生した。人為的ミスにより、本来は「ブラインドカーボンコピー(BCC)」で送信すべきところを、「カーボンコピー(CC)」で送信してしまったという。メールアドレス以外の個人情報は、記載されていなかった。

同社では、配信対象者全員にお詫びのメールを送信するとともに、第三者への流出防止のために誤送信メールの削除を依頼した。また再発防止策として、情報配信については、送信誤操作のないシステム配信に統一し、手動操作による配信ができない環境に変更するとしている。

(Security NEXT - 2004/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を