Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末のウイルス被害に気をつけて - 「筆王2005」にウイルススキャンをバンドル

アイフォーとマカフィーは、業務提携し、9月17日発売の年賀状ソフト「筆王2005」購入者に対して、 プログラム自動更新機能も利用できる「マカフィー・ウイルススキャン90日版」を無償提供すると発表した。

ウイルスが年末年始に多数発生することから、両者はプロモーション活動を兼ねて年賀状ソフトへアンチウイルスソフトのバンドルを実現した。「筆王2005」には、印刷注文サービスやメール機能を搭載しており、それらサービスを利用する際も、ウイルスの心配がないとしている。

「筆王2005」のユーザー登録を行うと、ウェブ上より「マカフィー・ウイルススキャン90日版」をダウンロードできる。ダウンロード期限は、2005年9月30日まで。

(Security NEXT - 2004/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック