Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

名証でシステム障害

20日、名古屋証券取引所にてシステム障害が発生、前場立会が中止となった。

同証券所では、障害が発生したため、前場立会の開始時刻を遅延させるとしていたが、その後も回復せず、前場の取引は中止となった。

後場開始時にも回復せず、13時50分より開始となった。本日は開始時間が遅延した関係で、取引時間は15時15分まで延長された。

名古屋証券取引所
http://www.nse.or.jp/

(Security NEXT - 2004/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市