Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA発表は氷山の一角? - 届出進まぬ被害実態

総務省の調査により、ウイルスや不正アクセスといった被害を受けた際、関連機関に届けていない企業や地方自治体が8割に上ることが明らかとなった。

なかでも、上場企業については、IPAへの届出率が3%、JPCRET/CCは10%に止まった。届けでない理由としては、「社内対応できたから」「大した被害ではなかった」との回答が目立っている。

(Security NEXT - 2004/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を