Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無線LANのセキュリティ対策、民間企業に対策の遅れ

総務省が実施した「情報セキュリティに関する実態調査」によれば、無線LANのセキュリティ対策を全く施していない民間企業が14%に達した。

同調査は、東証一部、東証二部に上場している民間企業と各種団体を対象に実施したもの。無線LANの導入は全体の半分に達し、全社的に利用している企業も5%弱となっている。

しかしながら、民間企業において何かしらセキュリティ対策を行っていると回答した企業は69.8%、病院にいたっては58.6%と低い数値を示している。一方、地方自治体では81%が対策を取っており、民間企業における対策の遅れが目立つ結果となった。

(Security NEXT - 2004/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
職場PCを紛失、虚偽説明した職員を処分 - 香川県
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県