Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホームページを見ただけで感染 - 新種ウイルスが登場

米国のウイルス専門家などは、ホームページを閲覧しただけで感染するウイルスについて警戒を呼びかけている。

問題となるウイルスは、「ダウンロード・ジェクト」や「スコップ」と呼ばれ、マイクロソフトのWindows向けブラウザ「Internet Explorer」の脆弱性により、ホームページを閲覧しただけでも感染する可能性があるという。

専門家の話では、感染すると、パソコン上で入力した個人情報などを盗み取ることが可能となるといい、米国では実際に被害が確認されているという。現在、マイクロソフトから修正パッチなどは提供されていない。

(Security NEXT - 2004/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー