Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学職員が異動を恨み不正アクセス

警視庁は6月2日、高千穂大学の職員男性を不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕した。

男性は、昨年後半に同大学のサーバへ自宅から不正アクセスを行い、掲示板の改ざんや消去、電子メールの盗聴などを行っていた。

男性は、同大学の情報メディアセンターにてシステム管理者を努めていたが、セキュリティ不備により配置変更され、そのことを不満に思っていたという。

(Security NEXT - 2004/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も