Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最高裁事務官試験の合格者番号が流出

最高裁判所の事務官採用第一次試験の合格結果が不正に流出していたことが明らかになった。

合格発表は6月8日に予定されていたが、ホームページを通じて外部へ流出していた。今回の事件では、合格者番号がホームページ上で誰でも閲覧できるようになっていた。最高裁は、同ファイルを削除したが、その後掲示板サイトへ転載されていた。

(Security NEXT - 2004/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス