Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最高裁事務官試験の合格者番号が流出

最高裁判所の事務官採用第一次試験の合格結果が不正に流出していたことが明らかになった。

合格発表は6月8日に予定されていたが、ホームページを通じて外部へ流出していた。今回の事件では、合格者番号がホームページ上で誰でも閲覧できるようになっていた。最高裁は、同ファイルを削除したが、その後掲示板サイトへ転載されていた。

(Security NEXT - 2004/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社