Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市

神奈川県川崎市は、中小企業融資制度における認定業務で使用する公印を、誤って廃棄したことを明らかにした。

同市によれば、中小企業溝口事務所において、特定中小企業者を認定する事務で用いる市長職務代理者の公印を誤って廃棄したもの。6月24日、公印を紛失していることに職員が気づいた。

公印は厳重な保管が義務付けられているが、同事務所では15年以上前から複写機の用紙補充スペースで保管。複写機のリース期間が終了し、5月13日にリース事業者が複写機を回収した際、公印が入ったまま回収された。問題の複写機は、6月9日にリース事業者が溶解処分を行っており、一緒に処分された可能性がある。

同市は、今回紛失した公印は代理者印であり、通常は市長印を使用していると説明。融資制度の認定業務に支障はないとしている。今後は、専用のケースで施錠できる書棚で保管し、所長が鍵を管理するなど適正管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2020/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府