Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究

網屋と北海道大学は、ログによる不正アクセスの検知精度向上を目指し、機械学習を用いた「xFlow」や「ログ」の解析技術について共同研究を開始する。

網屋では、「ログ」を収集、分析する製品を開発しているが、同製品において不正アクセスの兆候を検知する機械学習機能の強化を目指して共同で研究を実施するもの。「xFlow」や「ログ」の解析において、あらたなアプローチを研究することで精度や活用範囲の向上を図りたいとしている。

またIoT分野におけるインシデント検知デバイスやSOC運用の自動化といったシステムのプロトタイプ開発など進める。

(Security NEXT - 2020/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調