Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も

総務省は、IoTや5G時代に適したセキュリティ対策のあり方についての検討結果を整理した「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」のパブリックコメント案を公開した。6月25日まで意見を募集する。

同省が開催するサイバーセキュリティタスクフォースでは、IoTに関するセキュリティ対策の推進に向けて取り組むべき課題を整理。2017年に「IoTセキュリティ総合対策」を策定、2019年8月には「IoT・5Gセキュリティ総合対策」として改定している。

さらにその後の状況変化を踏まえ、IoTと5G時代のセキュリティ対策のあり方について検討。今回「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」として取りまとめた。

同案では改定にあたっての主要な課題として、新型コロナウイルス感染症への対応を受けたセキュリティ対策の推進や、5Gの本格開始にともなうセキュリティ対策の強化、サイバー攻撃に対する電気通信事業者のアクティブな対策の実現、国内のサイバーセキュリティ自給率向上に向けた産学官連携の加速などを盛り込んでいる。

同省では、同案に対する意見募集を実施。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは6月25日17時必着。

(Security NEXT - 2020/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
ユーザー企業向けにセキュリティ組織体制をモデル化した資料
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催
企業のセキュ対策情報開示で手引書 - 総務省
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施