Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート

総務省、内閣官房、経済産業省は、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」の運用を開始した。

同制度は、情報セキュリティ監査の枠組みを活用した評価プロセスに基づき、同制度で定められた基準に基づいたセキュリティ対策を実施しているクラウドサービスを、サービスリストに登録、公表するもの。政府機関によるクラウドサービスの調達について効率化を図る。

5月25日に有識者と内閣官房、総務省、経済産業省を構成員としたISMAP運営委員会を設置。同月26日に第1回ISMAP運営委員会を開催し、制度に関する各種規程などを決定し、運用を開始した。

同制度において監査を行う監査機関についても、同制度で定める要求事項を満たすことを確認した上で監査機関リストに登録する。

また今回の制度運用開始に先立ち、3月27日から実施していた「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)における 各種基準(案)」に対する意見募集の結果も公表し、39件の意見が寄せられたことを明らかにした。

(Security NEXT - 2020/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ