Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市

広島市立リハビリテーション病院において、入院患者の個人情報が保存されたUSBメモリの所在がわからなくなっている。

広島市立病院機構によれば、患者101人分の情報を保存した私物のUSBメモリを職員が院外に持ち出し、紛失したもの。患者の氏名、生年月日、性別、主治医および薬剤師の氏名、薬剤の処方内容などが保存されていた。

同院では、USBメモリの利用にあたり、貸与したものに制限し、個人所有のUSBメモリを使用することや、診療情報を許可なく持ち出すことについて禁止していたが、守られていなかった。

紛失の判明を受け、同院では対象となる患者や家族など関係者に対して事情の報告や謝罪を実施。情報の悪用などの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市