Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ

政府は、セキュリティ対策の基本的な知識について解説した「インターネットの安全・安心ハンドブック」を提供しているが、最新版となる「同Ver 4.10」をあらたに公開した。

同資料は、インターネット初心者にもわかりやすく基礎的なセキュリティ対策について解説したハンドブック。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が製作している。

2019年にメジャーバージョンアップとして「同Ver4.00」を公開。今回の「同Ver 4.10」は、同年6月にリリースされた「同Ver 4.03」からのバージョンアップとなる。

今回の改定では、「多要素認証」や「中間者攻撃」に関する記述について充実を図ったほか、「ハードディスク廃棄」の解説を更新。また「EV-SSL」の記載を修正したほか、コラムの追加などを行っている。

同ハンドブックはPDF版をNISCのウェブサイトより入手できるほか、電子書籍版を国内26の電子書店を通じて無料で配布。またスマートフォン向けにアプリも提供している。

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
中小企業のCISOやセキュリティ担当者を支援する資料 - JNSA
「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布