Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも

情報処理推進機構(IPA)は、「インターネット安全教室」向けの教材を提供開始した。あわせて指導者用のeラーニングコンテンツも公開している。

教育機関における授業やセミナー、研修、インターネット安全教室など、セキュリティや情報モラルの教育目的で活用できる教材を公開したもの。従来より試行版として提供してきたが、あらためて「正式版」としてリリースした。

教材は同機構のウェブサイトよりダウンロードすることが可能。利用規約に同意し、アンケートに回答するとファイルを開くためのパスワードが提供される。

また同機構では、指導者向けに知識の確認などに活用できる指導者向けのeラーニングコンテンツを公開した。基礎知識をはじめ、SNSやパスワード、不正ログイン、偽警告など6種類のテーマについて要点を把握できる。

同コンテンツは、アカウントを登録することなしに利用できるが、登録すると学習状況の確認や学習の中断、再開などが行えるという。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICT、サイバー防御演習の教材を期間限定で無償提供
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで