Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の実践状況チェックツール

情報処理推進機構(IPA)は、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」における対策の実践状況を気軽にチェックできるツールを公開した。

今回公開した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン実践状況の可視化ツールβ版」は、経済産業省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」をベースに、セキュリティ対策の実践状況をセルフチェックできる表計算ファイル。

同ファイルは、「使い方ガイド」「チェックリスト」「可視化結果」の3種類のシートで構成されており、チェックリストに39の質問を用意。成熟度をセルフチェックして5段階から選択し、すべてに回答することで対策状況を確認できる。

現在ベータ版であり、同機構では2020年度以降も同ツールのブラッシュアップを続ける予定。利用者に対し、改善に向けたアンケートへの協力を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践に向けたプラクティス集を公開
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に新版 - 2年4カ月ぶりの大幅改訂
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に改訂案 - 意見を募集中
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
セキュリティ対策状況を統計情報と比較できるサービス - NRIセキュア
【特別企画】柔軟性高いSOCと機械学習がもたらす速攻検知 - Managed Cyber GateとVectra Networks社製品の導入事例