Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省

経済産業省は、「小売電気事業者のためのサイバーセキュリティ対策ガイドラインVer.1.0」を策定した。

小売電気事業者は、2020年12月末時点で698事業者にのぼり、小売電気事業者がサイバー攻撃を受けた場合、情報流出にくわえて、電力需要、調達計画の改ざんなど、安定供給にも影響が生じる可能性もあることから、事業モデルに適したセキュリティ対策の指針を示したもの。

同省では、産業サイバーセキュリティ研究会に小売電気事業者を中心とした「小売電気事業者のサイバーセキュリティ対策に係る勉強会」を設置。セキュリティ対策において考慮すべき点を議論するとともに、小売電気事業者が実施している対策の事例を共有し、同ガイドラインを取りまとめた。

リスクの特定、インシデントの発生も想定したリスク管理体制の構築、サプライチェーンにおける対策推進など、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を踏襲しつつ、小売電気事業者における具体的な解釈および実践のポイントを収録している。

(Security NEXT - 2021/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
総務省、テレワークの中小企業向けセキュチェックリストを改訂
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省