Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー

化学工業メーカーのトクヤマは、子会社において従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、海外子会社のTokuyama Asia Pacificにおいて、従業員のメールアカウントが窃取されたもの。同アカウントから約440件の宛先に迷惑メールが送信されたという。

原因や被害状況など調査を進めているが、二次被害などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン