Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市

福岡市の市内中学校において、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明となっている。

同市教委によれば、教諭が学校から個人情報を保存したUSBメモリを持ち出し、紛失したもの。1年生の全生徒249人分の氏名と、1年生125人分の成績情報が保存されている。2月14日にUSBメモリを用いて自宅で作業したが、その後の所在がわからないという。

同教諭の自宅で紛失したものと見られるが発見できず、警察へ届けた。同校では、対象となる生徒の自宅を訪問し、個別に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツ教室参加予定者宛メールを誤送信 - 福岡市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市
特別支援学校生徒の個人情報含む書類を修学旅行中に紛失 - 福岡市
食物アレルギーなど小学校児童の個人情報をサイトに誤掲載 - 福岡市
個人情報を一般古紙として廃棄、圧縮され回収不能に - 福岡市
小学校児童の個人情報含むHDDが盗難 - 福岡市
メール誤送信で寄付者のメールアドレスが流出 - 福岡市