Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ

Lenovoが提供するインフラ管理ソフトウェア「Lenovo XClarity Administrator(LXCA)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同ソフトウェアにおいて、ユーザー名やライセンスキー、IPアドレス、暗号化されたパスワードハッシュなど含む構成ファイルの情報へ認証なくアクセスが可能となる情報漏洩の脆弱性「CVE-2019-6193」が判明した。

さらにXML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2019-6194」やクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2019-19757」が明らかとなっている。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3.1においてもっともスコアが高い「CVE-2019-6194」が「7.5」とされており、のこる2件についてはそれぞれ「5.7」「5.4」だった。

同社はパッチ全体について重要度を「中(Medium)」とレーティング。「同2.6.6」で脆弱性を修正したという。

(Security NEXT - 2020/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース