Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定

防衛省に関する情報が外部へ流出した可能性があるが、秘密情報が含まれていないことを2017年10月に同省が確認したという。

一方パスコでは、2018年5月に外部からの不正アクセスを検知。不正アクセスを受けた端末を特定、解析したが、これまでに個人情報や取引先の情報が流出するといった被害は確認されていないと説明。すでに関連する取引先へ通知済みだという。

これら問題を受けて両社は、サイバー攻撃への体制強化など、再発防止に向けたセキュリティ対策を進めているとしている。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出