Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か

さらに「NX-OS」「IOS XR」「FXOS」においてリリースが枯渇し、異常終了する「CVE-2020-3120」が明らかとなった。CVSSv3のスコアは「7.4」で、同じく「高(High)」とレーティングされている。

これら5件の脆弱性を発見し、Cisco Systemsへ報告したArmisは、今回明らかになった脆弱性を「CDPwn」と名付け、レポートを公開した。

CDPは工場出荷時にデフォルトで有効化されていることから影響が大きく、エンタープライズで利用される数千万の機器に及ぶと指摘している。

リモートから機器の制御が奪われるおそれがあり、機器を利用した通話や映像配信などを盗聴されたり、ネットワーク機器に流れるデータの盗聴や改ざんのおそれがあると指摘。また組織内部ネットワークにおける横展開の侵害行為に悪用されるおそれがあるとして警鐘を鳴らしている。

脆弱性の報告を受けたCisco Systemsでは、脆弱性へ対処したアップデートを用意。セキュリティ機関からも注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性