Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%

中小企業の2割弱がサイバー攻撃の被害経験がある一方、4社に1社は対策を行っていないことがわかった。

日本損害保険協会が、2019年11月12日から同月15日にかけてインターネット調査を行ったもの。中小企業の経営者および役員825人が回答した。

同調査によれば、2割弱にあたる155人がサイバー攻撃の被害を経験したと回答。もっとも多かったのは「不正送金を促すビジネスメール詐欺やフィッシングサイト」で47.1%だった。「マルウェア」が34.8%、「ランサムウェア」が25.8%と続く。

また3.3%にあたる27人が「金銭的被害があった」と回答。そのうち12人は被害額を「50万円未満」とする一方、2人は1000万円以上と回答している。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2019年4Qのクレカ不正使用被害は68.8億円 - 番号盗用が8割
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に