Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール

日光山輪王寺とGoogleをかたり、現金をプレゼントするなどとして無関係のURLへ誘導する「なりすましメール」が確認された。

問題のメールは、「日本中に福をお裾分け」との書き出しではじまり、「日光山輪王寺とGoogleより、お客様に現金をプレゼント」などと記載。

1万円から990万円をプレゼントするなどと説明しつつ、メール内に記載されたURLへアクセスすることで、金額がわかるなどとだまし、無関係のサイトに誘導していた。また有効期限を過ぎると現金の受け取り資格がなくなるなどとしてアクセスを煽る文言も含まれる。

すでに誘導先のURLはアクセスできない状態となっているが、同寺院は無関係の悪質なメールであるとして、メール内のURLへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
偽ヤマダ電機の詐欺メールに注意 - 「iPhone 11 Pro Max当選」と誘導
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
元職員が顧客情報を漏洩、詐欺に悪用か - 百十四銀
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か