Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊

リース契約終了後に回収されたサーバのハードディスクが、ブロードリンクの従業員によってインターネット上で売却された問題で、問題が発覚するきっかけともなった情報提供者による復元データが破棄されたことを神奈川県は明らかにした。

問題のハードディスクをオークションで落札、復旧作業によりデータを発見した情報提供者は、落札したハードディスクを同県へ返却する一方、復元されたデータを保有しており、同県では消去を求めていた。

復元されたデータを格納していたハードディスクについて、情報提供者の仲介役となっていた朝日新聞社から、物理的に破壊されたことを確認したとして、12月27日に同県へ報告があったという。

また復元されたデータについて、インターネットや外部に公開していないことや、データの複製、バックアップなど行っていないとの報告も同社よりあわせて寄せられた。

一方、同県では今回売却された18本以外のハードディスクについて、リース会社である富士通リースへデータ消去証明書の提出を要請しているが、いまだに提出を受けていないことを明らかにした。

富士通リースでは、消去を委託していたブロードリンクから作業報告書の提出を受けていないとの回答があったという。同県では引き続き提出を強く求めていくとしている。

(Security NEXT - 2019/12/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
研修申込者の個人情報が閲覧可能に - 神奈川県理学療法士会