Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク

パソコンにおける記録装置の破壊処理などを受託しているブロードリンクは、本来破壊対象である機器を元従業員が破壊前に盗み、第三者へ大量に売却していた可能性があるとして調査を進めている。

神奈川県からリース契約満了後に回収され、破壊される予定だったハードディスクを、リース会社より処分業務を受託していたブロードリンクの元従業員が業務中に盗みだし、売却していたもの。

元従業員がオークションで使用していたアカウントでは、大量の機器が売却されており、これらが同社より不正に持ち出された機器である可能性がある。

同社の調査では、2016年2月以降に元従業員がヤフーオークションやメルカリで売却した機器は7844件。このうち3904件についてはデータの記録領域がある機器だった。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大