Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声

無料のセキュリティ対策ソフトを展開する「Avast Software」や子会社の「AVG」が提供するブラウザ向けの拡張機能が、必要以上に個人データを収集しているとする懸念の声がセキュリティ研究者から挙がっている。一部ブラウザでは公式サイトにおける拡張機能の提供を中止した。

セキュリティ研究者のWladimir Palant氏が「Avast Online Security」「AVG Online Security extensions」「Avast SafePrice」「AVG SafePrice」における問題を指摘したもの。

これらブラウザの拡張機能は、セキュリティ製品導入時にインストールされるもので、前者2件のプログラムはフィッシングなど危険なサイトや評判が悪いサイトへアクセスした場合に警告を発したり、不正な広告や分析のトラッキングをブロックする機能などを提供。後者2件では、価格比較やクーポン機能が利用できる。

同氏の説明によれば、ブラウザ向けのこれら拡張機能について調査を行ったところ、URIやアドレス、ページのタイトル、リファラーにくわえて、タブの操作、ブックマークの利用といったアクセス方法、サイトの訪問経験、ユーザーIDをはじめ、競合のソリューションに比べて多くの情報を収集していた。

先のプラグインにくわえ、オンラインバンキング利用時に第三者へパスワード情報などの情報漏洩を防ぎ、トラッキングなども防止するとする両社の「セキュアブラウザ」も、拡張機能と同様の情報を収集していると同氏は非難した。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 脆弱性を解消
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認