Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導

レンタルサーバ事業を展開するエックスサーバーは、同社を装ったフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

同社によると、問題のメールでは、差出人が「XServer」となっており、電子メールの確認します」といった件名で送信されていた。メールの本文では、「あたらしいスケジュールメッセージがある」などと説明。記載したURLへのアクセスを促していた。

誘導先のフィッシングサイトは、管理ツールのログイン画面を偽装しており、アカウント情報が詐取されるおそれがある。

同社は、公式サイトや管理ツールのURLを確認し、誤ってフィッシングサイトへアカウント情報を送信しないよう注意を喚起。URLが正しいように見えてもHTMLメールで偽装されているケースもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「楽天カード」のフィッシング - 不正ログイン通知を偽装
2段階フィッシング、偽ポータルから30の偽金融機関サイトに誘導
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用
ジャパンネット銀を装うフィッシングに注意
「Yahooからのご挨拶です」と届くフィッシングメールに注意
りそなグループ狙うフィッシング - SMSで偽サイトに誘導
「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
「本日キャンセルしないと請求発生」 - 動画配信サービスのフィッシングに注意
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生