Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て

10月に「Emotet」の検知が急増した。一時収束が見られたが、9月にふたたび活動を開始して急激に拡大。ランサムウェアを感染させる攻撃などに悪用されている。

米Check Point Software Technologiesが、同社製品における検知状況を取りまとめたもの。10月にもっとも観測されたマルウェアは「Emotet」。ワールドワイドにおいて14%の組織から検出された。

前月は5番目に多く検出されたが、一気にトップへ躍り出た。同マルウェアは、3カ月間活動を休止していたが、9月に攻撃を再開。急速に拡大しているという。

また攻撃手法も変化している。もともと不正送金を行うトロイの木馬として知られるが、最近はランサムウェア「Ryuk」など、他マルウェアのダウンローダーとして活動。10月には、「ハロウィン」に便乗する攻撃も多数報告されたという。

「Emotet」は、メールにより感染が拡大しており、セキュリティ対策製品による対策はもちろん、信頼できるメール以外は、添付ファイルやリンクを開かないよう従業員へリスクを周知するよう警鐘を鳴らしている。

次いで多かったのは、暗号資産(仮想通貨)である「Monero」のマイニングに使用される「XMRig(7%)」で、バンキングトロジャン「Trickbot(6%)」が続いた。

一方、脆弱性に対する攻撃の検知は、「SQLインジェクション」が36%で最多。「OpenSSL」における「Heartbleed」に対する攻撃が33%、「MVPower DVR」に対するコード実行が32%で続いた。

(Security NEXT - 2019/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍