Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月は「HTML/ScrInject」が前月比2.5倍に - 国内外で急増

アドウェア「JS/Adware.Agent」が2番目に多く、次いで多かったのも「JS/Adware.Subprop」とアドウェアだった。

9月のESETにおける国内マルウェア検出数ランキングは以下のとおり。

1位:HTML/ScrInject
2位:JS/Adware.Agent
3位:JS/Adware.Subprop
4位:HTML/FakeAlert
5位:HTML/Refresh
6位:Win32/Exploit.CVE-2017-11882
7位:JS/Redirector
8位:Win32/Injector.Autoit
9位:HTML/Iframe
10位:Win32/GenKryptik

(Security NEXT - 2019/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少