Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「2万円の払い戻し」などと誘う全日空のフィッシングに注意

全日本空輸(ANA)を装ったフィッシング攻撃が確認されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行っている。

同協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「ANA Airways Refund: Customer ID JP」「ANA, All Nippon Airways Refund」といった件名とともに送信されている。

メールの本文では、「オンラインで2万円の払い戻しを受ける権利がある」などと説明。リンクをクリックさせ、IPアドレスベースのURLであるサイトより転送を経てフィッシングサイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、税還付を受けるにはフォームへ入力する必要があるとなどとし、マイレージクラブの顧客番号やクレジットカード情報の入力を促す。

10月30日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
BIGLOBE利用者狙うフィッシングに注意 - ログインページを偽装
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し