Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの不正登録に関する情報受付窓口を開設 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメイン名の不正登録に関する情報提供を受け付ける窓口となるメールアドレスを公開した。

同窓口では、登録情報が正しくない、または登録資格を満たしていないJPドメイン名に関する情報を一般から受け付ける。

連絡を受けたドメイン名において、登録情報などに問題がある場合には、管理指定事業者への確認や、登録規則に基づいた対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
メールサーバに不正アクセス - 埼玉県下水道公社
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求
実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に