Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市

大阪市は、住吉区役所の職員が来庁者の電話番号を控えて持ち帰り、SNSアプリ「LINE」を使って個人的に連絡を取ったとして、懲戒処分を行った。

同市によると、職員は7月9日に窓口業務で来庁者より受領した申請書に記載されていた携帯電話番号を控えて持ち帰り、休暇中だった同月11日にLINEアプリで電話番号検索を行ってアカウントを特定。スタンプを送信したという。

その後、申請者や親族から同月29日に同区役所へ相談があり、問題の職員への聞き取り調査を行ったところ、問題が発覚した。

今回の問題を受け、同市では同職員を停職3カ月の懲戒処分とした。服務規律の確保やコンプライアンス意識の徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
トライアスロン大会の案内メールで送信ミス - 五島市
統計調査の対象候補者名簿を紛失 - 山梨県
紛失した調査関係書類を発見、回収 - 千葉県