Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず

スマホ決済サービスを利用していると回答した6083人に、もっとも利用しているサービスについて聞いたところ、「PayPay」が26.7%でトップ。「LINE Pay(12.1%)」「楽天ペイ(11.6%)」「d払い(10.7%)」が続く。

スマホ決済で1回あたり抵抗なく使える金額については、1万円未満が7割超。もっとも多かったのは「1000円から3000円未満」の26.1%だった。「どんな金額でも抵抗はない」という回答は15.2%だった。

20190924_mm_001.jpg
もっとも利用しているスマホ決済(グラフ:MMD研究所)

(Security NEXT - 2019/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
8割強が「QRコード決済」を認知 - 利用中は15.6%
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も