Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も

ベビー用品の通信販売サイト「10mois WEBSHOP」が不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出したことがわかった。対応協議中に改ざんが再発したほか、過去に顧客データベースを侵害された可能性があることも判明したという。

同サイトを運営するフィセルによると、ウェブサイトの脆弱性を突く不正アクセスを受け、決済用のアプリケーションが改ざんされたもの。偽の決済ページへ誘導される状態となっていた。

3月27日にクレジットカード決済代行会社の指摘により情報流出の可能性を把握、その後外部事業者による調査を進めていた。

2018年8月7日から2019年3月27日までに、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客最大1万1913件のクレジットカード情報が窃取された可能性がある。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

正規の決済にいたらなかった顧客についても、偽の決済画面にクレジットカード情報を入力した場合は情報が窃取された可能性があるが、対象となる顧客は特定はできていない。

(Security NEXT - 2019/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画