Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず

コーナン商事が提供する電子マネーサービス「コーナンPay」において不正ログインが発生した問題で、同社は調査やセキュリティ対策により安全性を確認できたとして同サービスを再開した。

同サービスは、同社運営のホームセンターなどで利用できるチャージ式の電子マネーサービス。本人以外の第三者が、何らかの方法で入手したメールアドレスやパスワードを用いてログインを試みる「パスワードリスト攻撃」が7月23日に発生。サービスを一時停止して調査を実施していた。

約500件のアカウントで不正ログインを許したほか、未登録のメールアドレスでログインを試みると、サービスの登録を促すメールが送信される状態だった。

その後の調査でログインの試行回数は約20万件ほどと判明。ログなどを調査したところ、チャージされた電子マネー「コーナンマネー」の不正利用や、登録されている個人情報およびクレジットカード情報の閲覧などは発生していなかったという。

今回の問題を受け、同社では同サービスにおいて短時間におけるログイン試行を検知するセキュリティ対策を導入。

ログイン時にSMSを利用した2要素認証や、ログインのメール通知、クレジットカード登録時におけるセキュリティコードの試行回数制限などの対策を追加した。

また未登録のメールアドレスおよびパスワードでログインを試みた際、同サービスを案内するメールが送信される機能を削除している。

同社は同サービスの安全性が確認されたとして、店頭レジおよびオンラインによるチャージや、マネーの利用を再開。サービスを一時停止したお詫びとして、7月24日の時点で同サービスを利用していた顧客を対象に、期間限定で利用できる100円相当の電子マネーを提供するとしている。

(Security NEXT - 2019/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
クレカ明細「Vpassアプリ」にPWリスト攻撃 - 約1.6万件がログイン許す
第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も
「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出