Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに

「HTTP/2」の実装において、DDoS攻撃に悪用されるおそれがある複数の脆弱性が明らかとなった。

Netflixが、「HTTP/2」の実装においてリソースの枯渇を引き起こす攻撃手法を確認し、アドバイザリとして公表したもの。脆弱性の開示にあたってはGoogleやCERT/CCと協力した。

「HTTP/2」では、ヘッダの圧縮や複数ストリームによるデータの多重化などサポートする一方、複雑な処理が発生し、実装に問題があるとリソースを大量に消費するおそれがある。

DDoS攻撃に脆弱性が悪用され、リソースが枯渇すると、同じマシン上で動作する他プロセスにも影響を及ぼし、クラッシュする可能性もある。

(Security NEXT - 2019/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース
セブンイレブン向けネットプリントアプリに脆弱性
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測