Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ

Adobe Systemsは、同社マーケティングツール「Adobe Experience Manager(AEM)」向けにセキュリティアップデートをリリースした。早急な対応を呼びかけている。

同製品で「SAML(Security Assertion Markup Language)」を利用している環境において、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2019-7964」が明らかとなったもの。

問題の脆弱性は、「同6.5」「同6.4」に影響があるとし、同社は脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。「HOTFIX 30379 for AEM 6.4.0」「HOTFIX 30379 for AEM 6.5.0」を用意した。

適用優先度についても3段階中もっとも高い「1」としており、3日以内を目安に早急に更新するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高