Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ

Adobe Systemsは、同社マーケティングツール「Adobe Experience Manager(AEM)」向けにセキュリティアップデートをリリースした。早急な対応を呼びかけている。

同製品で「SAML(Security Assertion Markup Language)」を利用している環境において、認証をバイパスされるおそれがある脆弱性「CVE-2019-7964」が明らかとなったもの。

問題の脆弱性は、「同6.5」「同6.4」に影響があるとし、同社は脆弱性の重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。「HOTFIX 30379 for AEM 6.4.0」「HOTFIX 30379 for AEM 6.5.0」を用意した。

適用優先度についても3段階中もっとも高い「1」としており、3日以内を目安に早急に更新するよう利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
無許諾のイラストを暑中見舞い用素材として提供 - 日本郵便
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表