Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに

CODE BLUE実行委員会は、10月に開催する「CODE BLUE」の基調講演者を決定した。サイバー分野における安全保障に精通する2人の専門家を招聘する予定だ。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が参加する日本発のセキュリティカンファレンス。2019年は都内で10月29日、30日に開催し、トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなどの併催も予定されている。

基調講演には、サイバー空間へ国際法をいかに適用するか、国際法学者などが研究、取りまとめた「タリンマニュアル2.0」において、編集長を務めたLiis Vihul氏が登壇する。

さらにノルウェーオスロノーベル平和研究所で特別研究員を務め、「核兵器とハッキング」の著者でもあるAndrew Futter氏が講演する予定。

また2019年のあらたな取り組みとして、シングルトラックを採用し、初日については開催時間を21時まで延長。オープンソースのツールやプロジェクトを紹介するコーナーなども新設するという。

会場はベルサール渋谷ガーデンで定員は1300人。すでにチケットの販売が開始されている。また講演者については「Call For Papers(CFP)」を実施中で、締め切りは8月10日。

(Security NEXT - 2019/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC