Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

和菓子店通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報詐取

和菓子店を展開する叶匠寿庵のオンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、2018年9月17日から2019年3月13日にかけて、「叶匠寿庵オンラインショップ」においてクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が、第三者によって窃取された可能性があるという。

被害に遭った可能性があるのは、顧客1767人が同期間に入力したクレジットカード情報。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。そのうち2018年9月17日から同年10月3日に利用した顧客に関しては、偽の決済フォームからカード情報が詐取された可能性がある。

同サイトにて商品を購入する際、クレジットカード決済を選択すると偽の決済フォームが表示され、クレジットカード情報を送信するとエラーとなり、元の画面を表示。さらに続けて操作すると正規の決済フォームへ遷移して、商品を正常に購入できる状態だった。

偽の入力フォームと正規の入力フォームでは入力欄のデザインが異なり、偽のフォームには正規のフォームにはないセキュリティコードの入力欄が用意されていたという。

20190723_ka_001.jpg
画面左が情報の詐取に利用された偽の入力フォーム(画像:叶匠寿庵)

(Security NEXT - 2019/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

美容グッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出で不正利用も
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「7pay」が被害状況を更新、807人3860万円の被害を認定
「7iD」のパスワードを一斉リセット - セブン&アイHD
日本酒定期購入サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
仏具店サイトが改ざん、フォームジャックでクレカ情報窃取 - 2014年末に発生か
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害